アゼルバイジャン和食レストラン! ラーメン編

手作りラーメン 料理

アゼルバイジャンでは、和食といえば、寿司(ロール)です。一部のお店には、みそ汁やえだ豆、握り、お造りなどありますが、麺類を提供しているお店は、ほとんどありません。

うどんやそばを提供しているお店があるのですが、我々のレストランで完全アゼルバイジャン製のらーめんにチャレンジしています。

イスラム文化が残っているため、まずは、鶏を使ったラーメンを試作しています。これまで何度もシェフがチャレンジしてきて、やっと形になりつつあります。

手作りラーメン

鶏醤油ラーメンです。チャーシューには、鶏の胸肉を低温調理していて、柔らかくジューシーな仕上がりです。煮玉子も味がしっかり付いています。(黄身の色が薄いので、一体化して見えますが)

麺は完全自家製です。全粒粉を入れて、数日ねかせています。アゼルバイジャンの麺の茹で加減は、柔らかめが多いのですが、日本人として、固めに茹でるとのどごしもよく、しっかりと小麦の味がします。

スープは、ネギがないため、今回玉ねぎを利用したとのことで、少し甘みが強いので、次回調整予定とのこと。また、スープの濁りを取れれば、問題ないようです。最後に鶏油を入れれば、コクがますようです。

次回、商品化に向けて改良を続けます。ここ、バクーで日本クオリティーのラーメンを提供予定です。

\航空券もホテルも海外旅行をお得に予約!/

お得にアゼルバイジャン旅行を予約するならエクスペディア☆

コメント

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました