【続報】軍事衝突の発生による厳戒令発令について

停電 アゼルバイジャン

2020年9月27日に発生した軍事衝突では、民間人にも被害がでているようです。

●アルメニアとの軍事衝突の発生を受け、アゼルバイジャン政府は戦時状態を宣言し、戒厳令を発令しました。

●これにより、バクー、ゲンジェ、スムガイト、ミンゲチェヴィル等の各都市において28日00:00から外出規制が設けられます。

1 アルメニアとの軍事衝突の発生を受け、アゼルバイジャン政府は27日、戦時状態を宣言し、戒厳令を発令しました。

2 これにより、バクー、ゲンジェ、スムガイト、ミンゲチェヴィル等の各都市において
・28日 00:00~06:00まで
・28日以降 21:00~翌06:00まで外出規制が設けられます。

※戒厳令が発令されている期間中、外出の際はIDカードの携帯が義務付けられます。

3 詳細についてはまだ発表されていませんが、車両の移動にも特別な制限がかけられるほか、その他様々な制約が設けられる模様です。

4 関連情報が入りましたら随時領事メールにて連絡いたしますが、邦人の皆様におかれましても情報収集に努め、不要不急の外出は控える等自衛手段を講じ、トラブルに巻き込まれないよう十分お気を付けください。

こちらは、日本大使館からの情報となりますが、個人的に掲載をしている情報のため、確実な情報を各機関から確認するようにしてください。

コメント

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました