アゼルバイジャンの新型コロナウイルス情報(2020/6/6更新)

ウイルス 海外生活

アゼルバイジャンの新型コロナウイルスに関するニュースを随時更新しています。

■2020年6月3日時点

6月3日時点でのアゼルバイジャンにおける新型コロナウイルス感染者数は累計 6,260人(内,死亡者 76 人,退院者 3,665 人)となっています。

5/28 191 人(累計 4,759 人)
5/29 230 人(累計 4,989 人)
5/30 257 人(累計 5,246 人)
5/31 248 人(累計 5,494 人)
6/ 1 168 人(累計 5,662 人)
6 /2 273 人(累計 5,935 人)
6 /3 325 人(累計 6,260 人)

4月には、1日20人程度であった感染者が現在10〜15倍で推移しており、感染爆発が発生していると考えられます。

特にバクー市内の感染者が多いと考えられ、在留邦人の方々は、外出など控えるほうがよろしいかと思われます。この事態を受けて、改めてロックダウンを行うことが発表されました。

■アゼルバイジャン首相府は,6月6日(土)午前0時から8日(月)午前6時までの間,特別隔離措置を再強化すると発表しました。これにより,緊急的な通院や葬儀への参列を除き,外出が禁止されることとなります。

短期間ではありますが、詳細は以下となっています。感染状況によっては、今後延長される可能性もあると思われます。

(1) 実施期間
6月6日(土)00:00~6月8日(月)06:00
(2) 対象地域
バクー,スムガイト,ゲンジェ,レンカランの各都市及びアブシェロン地区
(3) 措置の内容
以下の例外を除く全ての商業活動・サービスの停止
・首相府が指定する公的機関の活動
・病院及び緊急医療対応施設の活動
・公共社会サービス(障害者施設等)
・公共サービス関連業務(下水道,ガス・石油その他のエネルギー,電気,冷暖房, ゴミ処理等)
・放送
・物資輸送
・不可欠な生産活動 ・停止中の商業活動/サービスが必要とする保守
(4) 活動停止の例外分野に従事する者及び車両等以外の外出は原則禁止
(5) 例外的に,以下については内務省緊急電話(102)で許可を取得することで外出可能
・緊急的な医療受診
・近親者の埋葬
(6) 違反は罰則の対象となる。

これまでは、営業を行っていたスーパーマーケットや食料品店も一斉に休業すると思われ、事前に食料などを購入することをおすすめします。

新しい情報が入り次第、随時更新を行って参ります。

過去のニュースに関しては、以下でご確認いただけます。

コメント

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました