アゼルバイジャンによくある危険なバルコニー?

バルコニーと窓 海外生活

アゼルバイジャンには、以前ご紹介したことがありますが、増築に次ぐ増築で、チグハグな建物がいっぱいあります。

マンションや戸建て住宅の中で多いのが、バルコニーの増築です。大体の増築には、鉄骨を2本突き出して、その上に小屋を建てているのをよくみます。

結構傾いているバルコニーもあるので、自分は近寄らないようにしていますw

こんな感じのバルコニーが、街中にあります。

バルコニー

すでに傾いている気がします、、。大丈夫かな?と心配になってしまいます。

マンションなどでもバルコニーでなくても窓側が下に傾いている建物もよくあります。

そんな心配をしていたら、やはり壊れるんですね。

壊れたバルコニー

思いきり、増築分が壊れて、下に崩れ落ちていました。。。けが人がいないことを祈るばかりです。

どんな状態で壊れたのか、わかりませんが、家の部分も壊れているので、住めそうもありませんね。また、下のコーヒーショップも閉店していました。

このようにアゼルバイジャンは、上からの危険もあるので、老朽化したバルコニーの下は、歩かないように気をつけましょう。

 

\航空券もホテルも海外旅行をお得に予約!/

お得にアゼルバイジャン旅行を予約するならエクスペディア☆

コメント

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました