アゼルバイジャンのスープ!

Yogurt soup アゼルバイジャン

アゼルバイジャン料理には、様々なスープがあります。特に一般的なのは、豆のスープ、トマトスープ、チキンスープなどがあります。

平日のビジネスランチなどでは、スープか、サラダ、メインと付け合せなどで選ぶことも多いです。

他にも肉団子のスープやヨーグルトを使ったスープなど日本ではあまり馴染みのないスープもあります。

IMG_9151

これが肉団子スープです。基本的には、ラム(たまにビーフ)を使った肉団子とじゃがいも1個が入っているのがスタンダードです。薬味としては、ディルなどを入れる場合にもあります。

スープは、透明のあっさりとしたスープです。冬場には、このスープとパンなどで昼食を済ませることも多くあります。

IMG_9150

スープ部分がヨーグルトです。温かいヨーグルトは、日本ではあまり見かけません。

中にGreenといわれるパクチーやディルなどが入っている場合が多いです。

パクチーが苦手な私は楽しめませんが、程よい酸味があるスープとのこと。

近隣のトルコ料理には、スープに大変多くの種類があるそうですが、ここアゼルバイジャンでは、おおよそこのあたりの種類が一般的です。

このスープもお店や家庭ごとに違うので、いろいろと試してみるのも楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました