アゼルバイジャンの普通?のエレベーターを紹介します!

エレベーターのボタン 海外生活

アゼルバイジャンでは、旧ソ連時代に建てられたマンションなどが多いため、後付でエレベーター??を設置している建物も多くあります。

そのような建物についているのは、人用のエレベーターではなく、荷物用のリフトが多くあり、低層階(5〜7階建てくらいまで)は、リフトを利用することが多くあります。。

荷物用のリフトのため、安全性はどうかな??と思いますが、背に腹は変えられずw、乗ってしまいます。

また、通常のマンションなどでは、普通のエレベーターですが、共用部分の積立など日本のようにない場合が多いので、壊れたらそのままの場合も多いです。

エレベーターのボタン

先日まで、9階と11階のボタンがありませんでしたが、流石に直りました。

でもまだ、開くと閉まるのボタンはありません。。。

慣れてくると不自由は感じなくなりますねw

\航空券もホテルも海外旅行をお得に予約!/

アゼルバイジャン旅行を予約するならエクスペディア☆

コメント

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました