アゼルバイジャンの間違った情報をお教えします!

Nizamiの夜景 海外生活

最近、日本でもアゼルバイジャンへの関心が高まっており、いろいろなメディアで報道されているようです。(私達は、アゼルバイジャンにいるので、直接見ることは少ないのですが)

中には、間違った情報が結構あるようです。そのあたりの細かい精査は今後ブログでご紹介しますが、その中でもよく知り合いから言われるのが、電気代がタダ??とのこと。

アゼルバイジャンは、電気代がタダではございません。政府機関だけでなく、一般の建物でも夜景のライトアップのための電気については、政府が負担していますが、一般家庭では、毎月電気代を払っています。

大統領府

このようなライトアップは、政府が負担していますが。

一般的な電気料金は、日本と同様で使った分を翌月に請求されます。感覚的には、日本の電気代の3分の1程度かなと。アゼルバイジャンの所得から考えると少し高いような、、、。

Nizamiの夜景

バクー市内の夜景は、とてもきれいです。

ちなみに水道とガスについては、デポジット制で、事前に入金します。デポジットが切れると結構すぐに供給がストップされるので、気をつけていますw

ともあれ、日本でアゼルバイジャンの報道などが増えることは喜ばしいことなので、間違った情報があれば、随時お知らせしていきます。

\航空券もホテルも海外旅行をお得に予約!/

アゼルバイジャン旅行を予約するならエクスペディア☆

コメント

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました