アゼルバイジャンの電気工事?!

電気工事 アゼルバイジャン

アゼルバイジャンの工事は、電気工事だけではありませんが、図面を描かないことがほとんどです。

最初は、驚きましたが、良くも悪くも今は、慣れっこ。それほど気にしなくなりました。(本当は、良くないのですが、小さなことを気にせず、イライラしなくなりましたw)

先日も電気のコンセント工事を依頼したのですが、どこに設置したいと場所を指定したところ、図面無く、、、早速工事が開始されました。

電気工事

完成は、このような感じです。。。柱の中央に最短距離でモールが、、、。最初は、白かったので流石にコンクリートの灰色にしてもらいましたw

せいぜい角に合わせてくれるだろうとの予測に反して、最短距離で仕事をしてくれました。もちろん、レンガに埋め込みはできないので、コンセント浮いています。

結果、使えればいいので、無事に工事終了。ここでは、日常茶飯事。仕上がりを気にすうる場合には、しっかりと細かな指示を行い、工事中も進捗を管理した方が良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました