産油国のアゼルバイジャンは、ガソリン安いのか?

ガソリンスタンド 市場

アゼルバイジャンは産油国であり、2014年までは、GDP平均成長率が20%を超える経済発展をしてきました。その後、原油価格の下落などの影響で、2度の通貨切り下げを乗り切り、また経済発展の道を進んでいます。

そんな中現在の国内ガソリン価格は、国の重要産業であり、価格は基本的に一律で購入することができます。

ガソリンスタンド

最大手は、国営石油SOCARのガスステーションが、全国にあります。その他にも、Azpetrol、LUKOIL、PAKOILなどのスタンドがあります。

気になる価格は、

ハイオク :1.25 AZN(81.25 JPY)
レギュラー:0.90 AZN(58.59 JPY)
ディーゼル:0.60 AZN(39.00 JPY)

※日本円換算は、1 AZN = 65 JPY

日本に比べての購入価格は、低いのが実情です。しかし、国民の所得から換算した場合には、どうでしょうか?

海外旅行を予約するならエクスペディア☆

コメント

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました