アゼルバイジャンの忘れてはいけない日

バクーの景色 アゼルバイジャン

アゼルバイジャンは、毎年1月20日を殉教者追悼の日として、1990年1月20日にバクーへ旧ソ連の軍隊の侵攻により、131人の命が奪われた日です。

現在は、フレームタワーズの横に殉教者の墓地があります。毎年、1月20日には、多くの国民が花を持って、この墓地を訪れます。

殉教者墓地

ここが殉教者の小道と言われ、右側に墓地が並んでおります。真っ直ぐ進むと慰霊碑などがあります。

永遠の炎

この炎は、消えることなく燃え続けています。小高い丘の上にあるので、観光名所としても人気があり、バクー市内を一望できます。

バクーの景色

晴れた日には、何十kmと見渡すことができます。

フレームタワーズ

古い建物と近代的な建物の融合がアゼルバイジャンの特徴の一つでもあります。

フレームタワーズの裏

夜になるとフレームタワーズも街中もライトアップされて幻想的な光景が広がります。ここの公園は、晴れた昼間と夜に2回訪れることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました