アゼルバイジャンの最高学府!

大学校舎 アゼルバイジャン

アゼルバイジャン国内の最高学府であるバクー国立大学にお邪魔しました。ここの日本語学科では、毎年10名の生徒が入学しています。もうすでに十数年間の実績があるので、100名以上の卒業生を輩出しています。

バクー国立大学の門

入り口には、セキュリティーがあるので、行き先を伝えれば、通してくれます。日本語学科は、東洋館にあるので、そこでは、韓国や中国語を学ぶ生徒もいらっしゃいます。

大学校舎

東洋学部の建物です。かなり大きいです。1階には、簡易的なカフェもあり、軽食やお茶などを楽しむ生徒でいっぱいです。

日本語学科

日本語学科の教室です。ここで毎日日本語の授業が開催されています。今回も先生や学部長、生徒さんたちと意見交換させていただきました。

今後、日本とアゼルバイジャンの交流が深まるように尽力していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました