アゼルバイジャンの首都バクーは、風の街という意味です!

バクー風の街 倒木 観光

アゼルバイジャン(Azerbaijan)の首都バクー(Baku)は、古くペルシア語で『風の街』を意味しているそうです。

現在でもその名の通り、普段も強い風が吹いています。

日本では、台風のときにしか体験できないような風速が、いつでも体験できます 笑

ちょうど先日、夜からの強風で雨が振り、自宅マンションでは、窓に叩きつけられる雨音と風の音で眠れないくらいでした。

翌日、外に出てみると街路樹の大きな枝が所々に折れていました。

バクー 風の街

かなり大きな枝がゴロゴロしているので、改めて強風のときには、外出時に気をつけないといけません。

バクー風の街 倒木

こんな木が飛んできたら、怪我しますね。

先日ニュースで、風速70mとの放送がありましたw 日本の最強の台風と同じかそれ以上の風速ですね。

バクー(Baku)に来た際には、風邪対策のウインドブレーカーが役に立ちます。

海外旅行を予約するならエクスペディア☆

コメント

  1. cbd companies より:

    i bookmared your site

  2. cbd lube より:

    Thanks for sharing

  3. Thanks for sharing

  4. nich blog

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました