アゼルバイジャンの不思議なパンをご紹介!

トースト 海外生活

アゼルバイジャンでは、主食がパンなのですが、一般的なパンは、当日作られたパンが商店やベーカリー、スーパーマーケットなどで販売されています。

大きなパンなのですが、価格は0.5〜1AZN程度で価格は安いです。

その他に輸入しているのか、結構高価なパンも販売しています。売れるのかな?と思っていたのですが、結構売れていました。

そんな中で不思議なパンを発見しました。

食パン

普通の食パンですが、値段は、一般的なアゼルバイジャンのパンに比べると5倍くらいですかね。

サンドイッチ用のパンで、実際に食べたことあるのですが、美味しかったです。

一点、今回気づいた謎ですが、賞味期限が3ヶ月ですでに製造から1ヶ月以上経過しても固くならず、カビもないので、保存料とか多いのかな?と。

少し不安ですが、この辺りの食文化も今後調べてみます。

コメント

  1. cbd oil より:

    Thanks for sharing

  2. cbd lubricant より:

    i bookmared your site

  3. i bookmared your site

  4. nich blog

  5. It’s going to be end of mine day, except before end I am reading this great article to increase my knowledge.|

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました