アゼルバイジャンにキリスト教はあるの?

教会の外観 観光

アゼルバイジャンはイスラム国家ですが、旧ソ連時代からロシア正教も引き続き進行している人々がいます。

毎週日曜日には、ミサを行っているようです。日曜日の夕方になると、教会には信者の方々が続々と集まってきます。

入口で何かをチェックしているので、観光客は入れないみたいですね。基本的にロシア語なので、聞くこともできませんがw

ロシア正教会

大きな木の扉があり、一番左の扉から入るようです。信者の方々は、ロシア系の人が多いように感じます。

窓からは、中の天井が見えますが、広い講堂になっているようです。天井には、大きなシャンデリアが見えます。

教会の外観

写真があまりうまく取れませんでしたが、、。重厚感のある教会で、いつくらいにできたんでしょうか?

イスラム教以外の観光スポットもまだまだありますね。

改めてバクー市内で探してみようと思います。

 

\航空券もホテルも海外旅行をお得に予約!/

海外旅行を予約するならエクスペディア☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました