アゼルバイジャンの郵便局!

郵便局の看板 海外生活

アゼルバイジャンでこれまで一般郵便を利用していなかったので、あまり郵便局には行ったことがありませんでした。

今回たまたま郵便が届いたので、普通の郵便局に行ってきました。(過去に本店のような大きな郵便局には携帯電話のSIMの設定で行ったことがありました)

アゼルバイジャンの住宅には、ポストがないため、直接家に届けるか、郵便局に取りに行くか、を選ぶようです。今回は、不在通知(手書きのメモ)がドアに挟まっていたので取りにきました。

街中の郵便局は、日本同様にあまり大きくはありません。

郵便局入口

こんな感じで大きなマンションなどの1階に入口があります。ちょっと古風な感じでした。ポストではなく、基本的に窓口で受け付けているようです。

結構人の出入りはあるようです。

郵便局の看板

営業時間は、9:00〜18:00のようです。土日も開いてますね。日本同様にかなり狭い地域に1店舗あるようです。ここは、10番の郵便局みたいです。

電話で確認したくても話すことはできないので、来るしかありませんねw

郵便局室内

中に入ってみると結構雑多な感じでした。大丈夫かな??とちょっと不安に、、、。

左手にカウンターらしき場所があるので、そこで国内パスポートと手書きの紙を渡して、確認してもらいます。

2〜3分後、係の人が、手紙は無いよ、、、、、って!嘘でしょ、不在届あるし、ちゃんと探してと伝えると渋々また、探し始めました。

撮影はしていませんが、このカウンターの奥、整理されていないように感じたので、ちゃんと探してもらいました。

5分後、ありました、、、、。さっき無いって言葉を信じたら、嘘やん、、、。

まあ無事に手紙を受け取れたので、良かったです。このあたり、かなり適当な対応をするので油断もスキもありません。アゼルバイジャンでは、自己主張や意見を強く言わないと生活できません。

 

アゼルバイジャンを知るための67章 (エリア・スタディーズ165) | 廣瀬 陽子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで廣瀬 陽子のアゼルバイジャンを知るための67章 (エリア・スタディーズ165)。アマゾンならポイント還元本が多数。廣瀬 陽子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またアゼルバイジャンを知るための67章 (エリア・スタディーズ165)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました