アゼルバイジャンの廃墟ビル!?

ビル4階の奥 海外生活

ここアゼルバイジャンには、ビルやマンションがたくさん立ち並んでいますが、中には、テナントなどが殆ど入っていない廃墟っぽいビルがたくさんあります。

中に入ると薄暗く、ちょっと肝試しに近い感覚を覚えます。

そんなビルも1階の路面だけ、テナントが入っていたり、中にも探すと店舗があったり、どうやって商売しているかわかりませんが、そんなビルの一つを紹介します。

このビルは、アゼルバイジャンの役所であるAzan serviceが入っており、1階には国営銀行やイランの銀行、スーパーマーケットなどが入っています。

吹き抜け

2階まではテナントが入っていますが、4階から上はスカスカです。写真だと結構綺麗に見えますねw

ビル内部

ここは、吹き抜けになっているので明かりが入って綺麗に見えます。でも正面は、真っ暗、、。何も無いと思われます。

ビルの4階

中に入ると以前何で使っていた什器がそのままな感じです。椅子はないですが、机かな??明かりはある程度ついているのでいいのですが、床のモールに気をつけないと転びます。

ビル4階の奥

奥に行くとちょっと暗いです。いくつかの部屋には、人がいそうですが、特に触れずに。3階には、写真屋があると書いてあったので、そちらに移動。

ビル3階

3階はもう少し明るかったです。奥になんかありましたが、何かはわかりません。

ビルの廊下

この奥に写真屋はありましたが、お客さん、来るのかな??といらぬ心配をしてしまいます。

ビルの感じは、バイオハザードの映画なんかで使えそうな感じです。アゼルバイジャンは治安が良いのでこのようなチャレンジをしてみましたが、他の国では近寄らないと思います。

 

アゼルバイジャンを知るための67章 (エリア・スタディーズ165) | 廣瀬 陽子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで廣瀬 陽子のアゼルバイジャンを知るための67章 (エリア・スタディーズ165)。アマゾンならポイント還元本が多数。廣瀬 陽子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またアゼルバイジャンを知るための67章 (エリア・スタディーズ165)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました