アゼルバイジャンの変なオブジェ?

building 観光

アゼルバイジャン国内で、なんで?と思うような、日本で見たことのないオブジェを稀に目にすることがあります。

今回も新しい官庁街に建設されているビルで発見しました!

ここアゼルバイジャンでは、中東でよく見かけるイビツ?なビルが多いことも特徴の一つかもしれません。

マンションなどの住宅に関しては、ヨーロッパ調の建物が多いので、よく見ると変な感じもしますが。

building

四角い建物で一番上にも変な?形をしていますが、この下の鉄のオブジェは何??

アゼルバイジャン特有の火の形にも見えますね。

Buildings

近くで見るとますますわかりませんw

実は、この後ニュースを見てわかったのですが、Bakuは、ペルシャ語で「風の街」を意味しており、とても強い風がしょっちゅう吹いています。

風速も日本の台風以上の風が、吹きます。立ってたれないことや樹木が倒れるくらいの風のため、実は、このビルは前日の風が強かった日に大きく揺れたそうです。

そのため、補強としてこのオブジェを追加でつけているとのこと。。。そんな危険なビルに誰が入るのだろう、、、といらぬ心配をしてしまいます。

 

\航空券もホテルも海外旅行をお得に予約!/

海外旅行を予約するならエクスペディア☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました