アゼルバイジャンのチキン!

鶏肉 アゼルバイジャン

アゼルバイジャンのお肉は、基本的にラム>チキン=ビーフくらいの頻度で使われているような気がします。特にラムの苦手な人や日本人だと料理法をよく知らないため、それほどラムを主食にする人は少ないと思います。

また、ビーフ(牛肉)は、臭く・固く、、、煮込み以外の料理には使いづらく。

となると、チキンが肉のメインになります。こちらアゼルバイジャンでは、ブロイラーの鶏肉と軍鶏のような少し高級な鶏肉があります。

1kgあたり、3〜5AZN程度なので日本に比べて安いです。しかし、基本的に胸肉以外は全てぶつ切りのため、重量的に無駄が多いです。

鶏肉

ちなみに市場売れているのは、1羽まるごとで、その方がコストパフォーマンスはとてもいいです。しかし、解体出来ないと厳しいので、素人では厳しいので、部位ごとが多いですが。

ブロイラーは、まるまると太っていますが、地鶏は、痩せているのですが肉に味があります。

また、街中には、丸鶏を焼いているお店もあるので、そこで購入してもいいかもしれません。

鶏肉は、比較的安いので、使い勝手もよく、アゼルバイジャンでもよく使われる食材です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました