アゼルバイジャンの公証役場!

公証役場 アゼルバイジャン

アゼルバイジャンには、いたるところに公証役場(NOTARIAT)があります。その周りには、翻訳や代筆を行うサービスを提供しているサービス業も多くあります。

日本に住んでいるとあまり行く機会がありませんが、海外移住する際など利用しました。

確かに島国の単一民族では、あまり必要が無いかもしれませんが、陸続きで移民や多民族国家であれば、言語も違いますし、公的書類を作る際には、第三者の確認が必要になりますね。

IMG_8872

確かに私達もVISA申請のときや会社設立、その後、何か手続きがあると頻繁に利用するようになりました。

ちなみに書類や委任状を作成する場合、本人がアゼルバイジャン語か、英語、ロシア語が話せないと書類を作成してもらえませんので、ご注意ください。

日本語のみのときは、資格を持った日本語通訳と同席すれば、大丈夫です。料金は、日本に比べてやすいと思いますが、メニューが細かいので、ここでは割愛します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました