アゼルバイジャンで当たり前の珍しいタバコ販売!

タバコ 市場

アゼルバイジャンは、とても喫煙率の高い国です。街を見渡せば、そこら中でタバコを吸っています。そのまま、ポイ捨てをするため、街中吸い殻だらけです。

公園などの公共施設には、ゴミ箱がそこら中に設置されているので、それほど吸い殻を見かけません。また、公園や道路に関しては、就業対策で国が清掃員を雇っているため、比較的綺麗になっています。

タバコは、1箱1.5 AZN(約100円)で購入できるため、比較的所得の低い方でも手軽に購入することができます。

外国産のタバコは、2.5AZN(約160円)から、販売されています。市場売れているタバコは、JTインターナショナルの販売しているWinstonらしいです。

JTインターナショナルの業績をみるとロシア・トルコを中心としたこの辺りの地域での販売数の伸びが極めて高いです。国内で販売されているタバコは、9割が外国産とのこと。

そんなタバコ文化の中で、独自の販売方法があります。

タバコ販売

街中の売店では、各タバコが1本づつ購入することができます。ライターも無料で貸してくれます。

1本0.2 AZNと割高なので、なんでかな?と思いつつも結構利用している人が多いです。

聞いたところによると1箱買うとすぐに吸ってしまうため、節煙のために利用したり、あまりお金が無い時に吸いたくなったら利用することが多いそうです。

最近では、急激にgloが拡販されており、街中のあらゆる場所でキャンペーンを行っています。また、iQOSも徐々に普及がすすんできています。

VAPEショップが多くあり、一時期人気がありましたが、現在は下火になっており、ほとんど見かけることはなくなりました。

旧ソ連地域、コーカサス、トルコ近辺は、タバコの販売が伸びています。

コメント

  1. CBD near me より:

    Thanks for sharing

  2. best cbd lube より:

    Thanks for sharing

  3. i bookmared your site

  4. cbd pet treats より:

    i bookmared your site

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました