アゼルバイジャンで雨が降ったら傘さすの?

雨模様 海外生活

アゼルバイジャンでは、秋口から冬にかけて、雨がよく降るようになります。早いと11月に雪が降るそうです。(昨年は、雪が降らなかったので、経験していませんが)今年は、バクーの周りでは、すでに雪が降っているそうです。

雨

雨は、日本のように1日中降ることが少ないです。弱い雨が、数時間降っては、止んでを繰り返す感じです。バクーは、ペルシア語で「風の街」を意味している通り、風が強いです。

そのため、雨が降っていても傘をさす人が極端に少ないです。全体的には、2〜3割程度の人が傘を指しているイメージです。しかも折り畳み傘が大半を占めます。

雨模様

雨が降ったり止んだりするため、携帯に便利な折り畳み傘を利用するようです。

傘をささない人たちは、基本的にフードを被って雨をしのぎます。強い雨の場合には、結構ビショビショになりますw

雨のNizami通り

そのため、秋から冬にかけてアゼルバイジャンに来る際には、防水や乾きやすい素材のフード付きの上着があると便利です。

雨のバクーも風情があって、いつもと違う雰囲気を味わうことができます。

アゼルバイジャン旅行を予約するならエクスペディア☆

コメント

  1. best cbd oil より:

    nich blog

  2. cbd lubricant より:

    Thanks for sharing

  3. nich blog

Azərbaycan dili简体中文EnglishFrançaisDeutsch日本語РусскийEspañolTürkçe
タイトルとURLをコピーしました